自。分の手にある秘籍,を一目見たのは、確かに「弾指神通」だった。三人が現れた後、品字形に立って位置を決め、ちょうど夜未,明らが去る予定だった経路を。止めた。

  • 三月の熟練度は夜未明ほど豊かではないが、彼女。もさっき金の装備を持っていて、残りの落下物の中でもう一つのものは彼女が非常に興味を持っているので、この高級内功の争奪にも,関与していない。
  • チームチャンネルで「追い,かけないで、bossを殺すこ。とが大切で、唐兄の任務を変数に渡してはいけない」と叫んだ。

  • しかし、彼の現在の血量は、結局、6。5級のbossとこのような血で血を返す方法で正面を固くすることはできない。第二の剣が命中した後、ファンは幽霊と一緒に行く機会を与えず、思い切って剣を捨て、相手に絡まってから冷酷にならないようにし,た。
  • 愛が手を離すことなくピストルを遊んで,いるのを見て、夜の未明、思わず笑いました。「どうですか。この銃は。いいですか。」と言いました。



「試合の双方はそれぞれ二人が同時に舞台に上がって、そのうちの一人は比,武。戦闘を担当し、もう一人は自分のチームメイトを指導する責任があり、戦略、戦術、武功式を問わず」
しかし、非魚の提案については、夜未明には直接拒否しなかったが、「ビルの外のビルは考えなくてもいい。そ,こには百八十金もないと不愉快になる私たちは経済的な料理屋を変えることができます。しかも、私のおごり基準は50金で。、これを超えてからみんなaaなので、料理を注文する時はゆっくりしてください。」と言いました

「崑崙に直接行くと、一番早い方法,は実は市内の駅舎の馬車に乗ることだか。ら」
少し首を横に振って、彼は穏やかに口を開いて説明した。「実は、小僧も友人の招待を受けて、大理鎮南王段正淳で万劫谷に来て情報を探る任務を受けた何人かの友人と一緒にここ,に来た。しかし、私たちは前の三関を突破した後、第四関の位置にひっかかって、寸入れし。てはいけない。」と言いました

「前錦衣衛指揮使、現神捕司副,指揮官が泳いでいる。。」と言いました
相手の体に突然武器が発射されたのを見て、精神的に緊張した非魚の下で意識が一歩下。がった。これが反応したのは、誰かが先,に彼の一歩を踏み出して、余滄海の頭を奪ったからだ。

少女は「彼の異常な表現はどう言っているのか?」と言。いま,した
その時、一刀斬首は「なぜ。試合の順位が選手たちの実力を代表で,きないのかと聞いたことを覚えていますか」と言いました。

  • 「あなた。たちは叔母の蘇慕容に真実を尋ねたいのですが、慕,容復を探すことができます。武功を知らない女の子たちと威張って、どんな能力を得たのか?」と言いました
    「あなたには才能があるから、あんな頼りな技を使わないで&hel,lip;… 。」