しかし、このジョークのような「連城剣法」は、梅。念笙の悲劇的な結末を招く,重要な引き金の一つになった。
この二人こそが今日の今回,の任務の衝突を招く核心である。!
刀妹が積極的に羽口の援護。から離れたのを見て、血烏王はすぐに声を上げて、体が急降下して、岩壁の反対方向に面した刀妹の目に向かって,つついた。
口で,文句を言っていると、牛志春はもう一歩前に進んで、夜未明のそ。ばに来た。
  • 夜未明、血筋がbossより長いことを除いて、自分の属,性は李彪のような65級bossと戦う力を持っている。彼の属性が10% 、相手が40% の属性を控除された場合、彼は絶対に圧倒的な優位を占。めている!
  • このような自分の絶学にかかわる任務に対して、夜の未明は少し。も油断できない,。
    彼の鉄箱が唐三彩の手から投げ出され、夜未。明の方向に飛んでいく途中、人々は突然目の前の人影を見て輝いた,元は9人の敵の中で最初の頭に笠をかぶった男が、突然部屋に飛び込んで、苦い頭陀を彼らに残した鉄箱を手に握った。
    「ああ!」と。言いました悲鳴が上がった後、また激しい咳の音がした,。
    
    
    夜未明の姿も今、非常に格好いい姿勢で石室か。ら漂ってきて、番僧の死体の前,に落ちた足を上げて後者の尻を蹴った。
    魚ではなく姿を見るのは笑いです。「そう,だから、今回の任務の最大の受益者であるあなたは、今、積極的に財布を切ってみんなの五臓廟をねぎらうべきでしょうか皆さんはこの場所に立って北西風を飲むより、ビルの外のビルのトランクに。座って、食べ物を食べながら、この剣の帰属問題を検討したい。」と言いました

    ありますが、期待と心配だけです。彼が少し力を入れて、この第三関の試練を受けて順調に,通過できることを期待して、心配し。ているのは当然彼が突然考えを変えたり、審査中に失敗したりすることである。
    落雷掌 (中級掌法):掌法の勢いが雷のようで、。雷のようで、手が速くて、気勢が怖い。修練のニーズ: 腕力60、体法80。,

      彼らが悦来宿の玄関の外に駆けつけた時、。やはり焦っている郭靖が待っているのを見た。何人かの人に会った後、温厚な顔に「やっと来た!」と興奮の,色が現れた。
      では、私たち数人,のプレイヤーは何ですか。青銅。五小強ですか

      しかし、この戦いを経て、余滄海もついに恐ろしい事実を,認識した。それは、彼の実力で、二人の剣が折衷し。た相手ではない!
      この場面を見て、夜未明、自分,が問題のポイントを見つけ。たかのように感じた。