殺戮を終えた青城派,の弟子七七七は、徹底的。に斬首された奨励を受ける: 江湖声望100000点!
一日に二度も凌退思を殺したが、夜未明に。はこの品物が幽霊としての価値を感じて、,彼がまだ人である時よりはるかに高い。

牛志春の質問には、夜未明は仕方がない。「さっきのこと,が突然起こったのは、私が一瞬で真実を知り、考えを整理することを期待。している合理的にそれをあなたたちに話しますか?」と言いました
このような人は、。平和な時代に住んでいれば、この血なまぐさい江湖武林でも、祖先が残した家業を大きくすることができるに,違いない。


このような7,人が一日中仁義道徳を口にしているだけでなく、形式がより明る。い男が組織する任務の中で、このような戦友の後ろでナイフを刺す行為は、励ましられるのではないか
私はあなたがどんな陰謀のトリックを持っていても、ナイ。フであなたを割ったら、あなたは復活しても、今回の任務で直接除名されなければならないこれまでに作った様々な配置もす,べて東流になって、帰ってきてもnpcたちはもうあなたのピーピーを聞くことはない。

工夫ができる人は、法。師,を選んでも聖騎士を吊るすことができるかもしれない。
「また、今日のこの戦いはbossを何人,殺しても、落ちた金貨はすべ。て戦没者が二等分した!」と言いました

柔ら。かい白い光に包まれて、雲華上仙は正式に,霞を上げて昇った!
すくい面マントーは少林派のプレイヤーの中で高い威光を持っているようで、彼が立った後、他の人たちは意識的に一歩下がって、このことを彼が決め,。る姿勢を見せた。

口座にはまだ13666点の修業が残っているが、どの武功,に加えて。も、それ以上等級を上げることはできないのでやめた。
この任務の報酬はあまりよくないように,見えるが、円は本当に閉鎖して傷を癒す必要があり、その間に邪魔されてはいけないという言葉。は彼らの中の何人もの人を感動させた。

    突然、この。姉た,ちは目を開けて、ちょうど夜未明の目にぶつかった。
    少林派の7人のnpcの達人。が壁の上で見るのは、実は道理がないわけで,はない。

    前者が上がったレベル5は、いつでも中断でき、後者がレベル5に上がったら,強制的に使うことがで。きる。すべてのプレイヤーの武学欄に。上限があることを知る,には、いくら勉強したいかということではない。

    少年の食べ方。を見て、夜未明に,突然理由のない達成感が生まれ、意識的に「おいしいですか」と尋ねた。
    発動するたびにこんなに長い時間を準備する必要があるとしたら、威力が孤独な九剣に勝る,と言われている岬ではど。うか、あまりにも鶏の肋だろうか

    こ。の一行のモンゴル,兵チームの実力は弱くない。おそらく30級のエリートがいる。つまり、普通の野怪より強く、bossより弱く、平均気血量は約七八千人である。
    「ただ人は,天算。より劣っているだけで、結局私たちは安くなった。」と言いました