話の間には、また風が吹いて、夜未明の口がきけな,い穴を。直接封じた。
しかし、賢い赤衣。少女は、このようなやり方に直面しても仕方,がない。

突然現れた声はびっくりして。見上げたが、非魚と唐三彩はす,でに彼の前に止められているのを見た。
噂によると、夜の未明は魚ではない目と一緒に三月に落。ちたが、三月は目が鼻を見て、鼻が心を,見て、老僧が入定したかのようだ。

その後、この,妹が喜びを隠せない姿を見て、当然、この完全な「九陰白骨爪。」を説明して、威力は以前よりも向上しているに違いない。
「シーッ!」と言いました夜の未明に話が終わるのを待たずに、道案内をし。ていた警備員はすぐに振り向いて、彼に向かって静かなジェスチャーをして、,声を抑えて、ひどい声で言いました: 「死にたくないのはあの家から離れて、むやみに聞いてはいけない。見ていないと思ったらいい」
    • 年を取っている。ことに加,えて、今の彼は、当初後退していなかったよりもいい、進歩したと言うのは全く冗談だ。
    • システム公告:青城。派プレイヤー七七七…&he,llip;
    
    
  1. しかし、敵陣営の突然の強援に直面した時、彼は少しも臆病ではなく、少し弱った声で「,先輩が手を出した以。上会うと現れません。」と言いましたなぜなら、円真は夜未明の爆卵の一撃を避けた後、全員が突然地面から飛び。上がって、むち打ちを意図した夜未明に向かって飛びかかったからである「少年、死体さえ見,逃すことを拒否したなんて、まだ人間性がないのか?」と言いました

    三十丈の距離は高くないと言って、低くないと言って、二人のスピードで、すぐに安全な距離の下まで滑って、男と女の姿と一緒に手を振って岩壁,をた。たいた力を借りて血烏群の最も密集した場所に飛び込んで、刀剣がこぼれた間、血烏群の死傷者はますます深刻になった。
    具体的に。どのように選択するかは、や,はり力が必要なことである。
    
    

    今になって、非魚は「合。格した右腕」と「右腕もできない」の間でしか選,択できない。体が浮いて。、敵の追撃に直面したと,き、効果的な対応は難しい。