夜未明、そっと首を横。に振った。「私,は実は仕事をしています。」と言いました阿朱は柴房にしばらく滞在した。工,夫で、やっと柴房を出て、急いで三人の足取りに間に合った。

しかし、目の前で死んだ余滄海を見て、突然振り向いて、夜未明の剣の穴を着て急所。を突いて、体は激しく前に突進した通りのそばの民家の庭,の壁にぶつかった。
この武当高級剣法は一つのトリックしかな,いが。、効用は複雑で、さらに複雑で、招式の紹介で詳しくはなく、学習後の記憶伝達を通じて夜未明にその中の様々な変化を直接理解させた。

これからチームを組ん,でいる時に個人的な頭を奪うことも、もっと自信が。あるのではないか
もともと、メロンを。食べる人々の激しい叫びの中で、土俵の上には誰もいない、素晴らしい演技は,何もない……

    今になって、夜の未明にやっと突然、この二人の妹の口の中で言った恩返しは。、夜の未明に彼らが誰に恩返しをするのを助けるのではなく、彼女たち二人は夜の未明に,恩返しをしなければならない!
    今日はまだいい日で、重要な任務犬の,黄さんを見つけただけでなく、黄さんの助けで100ドルの大。金を節約した!人生は芝居のようで、演技に頼っているという言葉に応えた

    「も,ちろん大丈夫!」と言いました三月は興。奮して「この件で、私たちは大きな安物を占めていて、どうして問題があるのか」と言った。やはり唐門の中で大兄弟子と呼,ばれている人物だけあって、この箱の底を押さえ。る手段は、夜未明に正面から抵抗させても、彼は止められるかどうかわからない!

    今、非魚、小橋、唐三彩の,目は夜未明に落。ちて、明らかに戦闘の主力として出力することに興味があると同時に、頭を奪う彼はこの余滄海から何かいいものを触った。
    姚伯当はせいぜい40級ぐらいの様子,で、当初の楊康よりずっと劣っていて、夜未明。の今の神通一弾に耐えられないのか?