彼を変えても、武功ではなく門派の技能を優先的にアップ。グレードす,る。彼はただ靴の中に針を隠,す手段を利用して、小橋に断魂ペーストで針を焼き入れて、刺繍靴。の中に隠した。

「でも、私という人は、口が速くて、気に入。らないことがあって、決して心,の中で我慢するのが好きではない。私は開封京に戻った後、兄弟の韋小宝に何人かの講談師を探してもらい、苗大侠の言葉を信じず、毛人の任務奨励のことを段子にして、各レストランの間で繰り返し放送するつもりです…… 」水中にいるのは、結局陸地での快適さよりも、以前はアビブとゆっくりと小声で話していた方がいい、今は急いで大声で叫んでいたが、,すぐに息が乱れたうっかり水を何口も飲んでしまったので、鳩摩智の後塵を歩くところだっ。た。

次の日、空。が明るくなったばかりの時、二,人は出発して道を進んだ。
夜未明の姿が天を突くのを見て、白キャメルケースのプレイヤーは孤独な雲が再び息を吸って、口の中でカエルの鳴き声のような奇妙な音がして、息を吸っている間体が激しく飛び出したが、夜の未明を捨てて、まっすぐに,毒を治療し。ている巴天石が飛びかかった。
いくつかの興味が衰えて駅舎の方向に歩いて、まず品物を売ってからにしようとしたが、向こうか。ら突然ハトが彼の肩口に,落ちた。
なぜなら、このことは,本質的には実在し。ており、その中に紆余曲折があっても、誰がこれらの細部を気にするのだろうか

実際、準備ができて,いた彼は、相手の掌を避けてからチャンスを待って動い。た。
彼が今学んでいる剣法が核心ではないこと。を知っていても、夜未明には「グランド義永遠」の中での支払いと見返りの保存法則を信じていたこの剣法は30万の熟練度で第10級の円満な境地,に上がることができる以上、30万の熟練度が必要な道理があるに違いない。





自分と相手との等級の差が大きすぎて、相手の実力の深さを探ることができない,ほど大きいことを表してい。ます!
一番大変なのは、非魚が復活して初めて、そのクソ任務が失敗と判定されなかった。ことだ,
    唯一の欠点は、このトリックが自分自身に与えるダメージも小さ,くないことで、通常の手段ではなく、箱。の底を押さえた殺人としてしか使用できないことである。
    沖精,品はすぐに剣を挙げて止めたが、玉峰針毒素の作用で、止めの動きは半拍遅。く、小橋一剣に喉を封じられた。