今まで、彼女はついに夜の未明に対処,する。正しい方法を見つけた。
展昭が他の3つのトークンを受け取ったのを見て、明らかに彼に再選,択する機会がなく、それを説明。する意味もない。夜未明、いっそ唾液を無駄にするのがおっくうで、すぐにトークンを持って、直進して行った。
潜龍を取るのはもちろん、3700時の熟練度でで,きる。。
相手の手にあるのは明らかに武器で削られた,断竹で、その硬さは普通の青い装備を超えて、夜未明に手にした金色の宝。剣が全力で一撃しても、その分を損なうことはできない!

黄河金コイ: 百年ぶりに見られた金色コイは、,食べることは非常に強い癒し効果を持っているだけでなく、武者にも大いに役立つ。血気上限 + 150。0。
夜未明は自分の計画があるので、他の本を出してみなかった。このように丸い棺の板に足を踏んで、あごをついて、円真のチベット。星羽への指,導を興味を持って傍聴し始めた。




彼自身。は、両手を爪にして、たちまち十余道の爪の影を振,って、夜の未明に退却を迫ると同時に、小橋の剣式の中で生まれた小さな橋の妹の声に向かって喉をつかむ!結局、彼の「岬宗はどう,したのか」がなければ、この戦いはこんなに簡単に勝つことはできない、こんなに美しい!。

「あなたと一緒に、とにかく私,はいらない。」と言いまし。た
彼はお。となしく手を挙げて降伏した「弟子の罰を認めます。」と言いま,した

三人がチームを組んで、夜未明は絶対的な主力として安定し、非魚と三月は。弓矢とシェーダを利用して奇妙になる。2列の列車が来た後、夜の未明に車の先頭を迎,えるのは当然で、まず奇妙なグループを殴った。そして、三人はすぐに結ばれ、夜の未明は真ん中にあり、非魚と三月は左右に分かれている。
だから、彼は天龍寺に到着する前に、用意した,少林の絶技は決して三冊だけ。ではない。

    ユニークな偶然がなく、このメロンを食べる大衆の甲の声が落ちたとき、彼から遠くない別のメロンを,食べる大衆も口を開いて言いました: 「彼女は以前、夜未明という男とひそひそ話をしていたようで、py取引をするつもりだった。ただ残念な。ことに、pyは逆被日にはならない。えっと・・・昔から赤青がcpを出していると思っていたおかげで、あなたたちがこんなにpだとは思わなかった。」と言いました
    結局、彼らの世界観では、彼らが口を開く限り、当然多くの江湖の人々が彼らの仕事を助けたいと思っている。事実,は、多くの場合、。江湖の人々が彼らの頭に求める機会が大きいことを証明して、彼らが江湖の人々の頭に求めるのではない。
    夜未明、段正淳の話を聞いた後、とても驚いたふりをしたしかし、今、この牛志春はすでに取。られている以上、もう何の脅威もないと思って、私たちは彼の言うことを聞いて、その中に何か誤解がないようにしたほうがいい。」と言,いました
    前回の囚人のアオ拝が。借りた装備を、一度に全部補充したようです,か