夜未明にはまだ方宝剣が手に,入っているが、その操作はまだシステムに拘束されている。それらの巡回城警備員は夜未明にどんな。戦闘に参加するのを積極的に助けることはできず、さらに彼を助けることはできない。
      「でたらめを言うな!鉄の曲がり角を,下ろして、おとなしく逮捕して、私はあなたに保証して、絶対に彼女の寒毛を傷つけない。」と言いま。した

        より強い腕と装備によって、夜の未明に練習級の。スピードが速く、韓小莹手紙の中で,言われた3日間の期限が到着する前に、36級のしきい値を突破した。「彼女はどうして突然こんなに速く走ったのか、間違いではな,いでしょうか。」と言いまし。た

        逆に自分の立場に立って考えることはない。余。滄海のような門派の大男が裁判所に支配されているとしたら、彼らは武館を開設してもダーツを開設しても敬愛を少なくして、自分の血まみれのお金をもっと残す,ことができる。
        「この左冷禅は自分で来ただけでなく、十三。太保,の中で上位の太保を一気に三人連れてきた。彼は余滄海に門を消しに来たのだ」

        ましてや、180級bossを斬首した経験、修業、江。湖声望、門派の貢献に相当するだけで、,すべてのプレイヤーが拒否できない大きな誘惑になった。
        昔、ゲームがマウスキーボード時代にあった時、みんなが戦っていたのは手の速さで、ある人の手の速さは生まれつき他の人。より速い。例えば、子供の頃からピアノ演奏を練習していた人は、その手の速さは決して普通の新人プレイヤーとは比べ物にならない。,