だから。、唐三彩の第三の態度は「私も人を救うことに同意します!」と言い,ました
「いい人と呼ばないで!」と言いました夜未明はいい人のカードなどを表し、自分は断固として拒否した。「私は夜未明と申します。勝手に呼びたいのですが、いい人と呼ばないでください。そして重要なのは私の以前の提案で、あなたは同,意するのか、同意しないのか?」。と言いました

地下牢全体が青石で積み上げられ、強固な異常で、周囲の壁に数十本の,松明が挿してあり、揺れる火が地下牢の中を明るく照。らしている。段正明が話すと、人君としての高さは少しもなく、自分の呼び名にも。「私」ではなく「私」が使われてい,て、自分の江湖の身分を認めていることがわかるまだ国君の上にある。

「円真がいるのは必ずしもいいことではない。」と言いましたこの時、一行の一番左側には、凡夫俗子の青,衣プレイヤーの隣に、「実は、この任務では、私たちはすでに天の地の利を占めていると言える。まだ足りないうちに彼らが破廟に行って任務を提供したときに手を出すと、任務に予想外の変化が起こらないことを保証できま。すか」
風雷剣士の口にある「献。宝」は、npcの好感度を磨くためだけではなく、繰,り返し可能な任務である。

「8割」夜。未明に肩をすくめた。「でも、これは簡単に証明できます。裏山の鉱山に行って探してみてください。しかし,、行く前に、我々は戦闘の準備をしなければならない。」と言いました
彼は自分がシステムのヒントを聞いていないことを非常に確信して、システムの判定。では,、この李彪の頭は彼の上にあるに違いないと断定できる。

  • この可能性を考えると、夜未明の口元はすでに幸いな災難の笑顔を呼び,起こし。ている。
  • 鳩摩智も答えず、ただ「あなたは特に私をからかっている」という。表情で夜未明を見続,けた。

    1. 夜未明に言葉を聞くとすぐに明るくなって、武学の境地を高めるよりも、。孤独に,負けて自分に与えた任務の報酬を求めて、やはりもっと力を入れなければならない!夜未明の話を聞いて、苗人鳳は笑った。「裁。判所を私に押し付けないでください。黄着物、遊進はもちろん私を怒らせることはできないが、苗人鳳も決して人に揉まれる世代ではない,。」と言いました