こ。ちらでは、4ダース2ダースはまだ人数の優位を占めているが、本当の実力は彼らと,比べてはっきりしている。
段正明は,宴会を開いて、人々が段誉を救うことで大理段氏に提供し。た援助に感謝した。

その後、夜未明には,梅超風が落ちた「指法心得」を出して勉強した。。
このことから、。この男は絶対に多くの武技が得意で、鉄の糊が彼の手に使われているのも、剛柔と済で、ただの強烈な凶,暴ではない。

盗品の割合を分ける協議が成立した後、二人はすぐにうるさいこと。はなく、それぞれ自分,に殺されたbossに向かって蹴りました。
このように,、二人は一言も言わずにしばらく食べたが、やはりチベット星羽はまず気まずい雰。囲気に耐えられず、積極的に口を開いて尋ねた「夜未明に凌退思が凌霜華の父親ではないことを証明する方法があると信じていますか?」と言いました



  • 敵覇の命が100時未満になったのを見て、夜未明に突然,手を振って3月の。攻撃を止め、血の皮しか残っていない敵覇に向かって口を開いて尋ねた「李老人はあなたに殺されたのですか?」と言いました
  • そうでなければ、,非魚もみん。なが自分の任務に追われている時に、顔を厚くして夜の未明に手を出して助けてもらうことはない。
唐三彩は夜未明に説明したが、彼とチベット,星羽との友情はまだそこに達し。ていない。
一方、万,劫谷側のチームには、酒。を飲んだり、孤独な雲を作ったり、何かを探したりするというなじみのある姿が浮かんでいる。

「ああ、それは大丈夫だ。。」と言いました夜の未明に相手の肩をたたいて、「あなたは最善を尽くした。落胆しないで、夕食に鶏の脚を入れてくだ,さい」と励ました。
以,前の教訓があったので、今回の5人は。誰も止めなかったので、彼を部屋に連れて行った。ただ、その中の左冷禅と岳不群は約束せずに同じ展開をして、最も速いスピードで近い二つの家に飛び上がって、このホールを彼らの監視範囲に入れた。

    1. 「こんなに簡単に認め,たのだから、君も率直だ」夜未明も淡々とほほえんでいた。「そうであれば、金霞剣を渡して、今までのことが起きていないと思って。もいいですよね」
      これを見て、防御せずに強制的に控除された1時の,傷害は、二人は同時に呆然として、夜の未明に率先して反応した彼のカバードアが移った、早く剣を捨てなさい!」と言。いました

      ましてや、夜の未明には自腹を切って、一人当たり10金を補償して仕事をしたいと思っているのは、彼らから見れば全く,利益。のある商売だ。彼らには当然決断の道理はない。「はは・・・妄言兄弟君はまた来た!」と言いましたこの少年鹿鼎公は妄言を見て情熱的に見えて、挨拶をした後、反対側の夜、風雷剣士に目を向けた。「今。日は何かいいものを持っ,てきたのか?」と言いました。