白亀寿は積極的に前方を。案内し、4,人はその後についていく。
刀妹や夜未明のような名人でさえ、不意に窒息し、一歩,下がった後、すぐに息を止。めた内力だけで体の酸素需要を支える。

おそらく、甘やかされているだけで,なく、残りは恐怖にしかならないのではないでしょうか。
二人が話している間,に、反対側の玄小筆はもう一歩土俵に上がった。チームメイトである。夜未明と殷は、彼の行動に伴い、一緒にコピーに引き込まれた。

その時、夜未明にはすでに率先。して手を出し、剣は敵覇の眉間を,指していた!と言って、夜未明に銃とブーツを自分のバックパックに戻して、取引。を確認すると、殷はすぐに「十三太保横練」の秘籍、,琥珀青龍が落ちたその150金と一緒に彼のリュックに入った。

  • 三月の吐槽を気にしないで、夜未明に黄首尊に「行動計画を立てる以上、少なくとも基本的な情報を把握しなければならない。第一に、黄首尊は私たちがどの程度できる必要がありますか?余滄海を一人殺したのか、青城派の余滄海を代表する派閥を,殺したのか、それ。とも……青城を滅ぼします!何ですか」と言いました
  • 「阿弥陀仏!」と言いました最初の凌雲は、殺意を見て、目を,閉じて、両手。を合わせて仏号を読んだ。
  • 針,類シェーダ内の体積が小さいという特徴は、発せられる破風の声が極めて小さく、百里の掌力が会場を震撼させた。時、誰も気付かなかった。
  • 夜未,明には多くの鶏泥棒が、泳いでいるという縁のな。い言葉から、すぐに二つの意味を分析した。
    このような冷たい態度は、正常な状況、特に礼法を,重視した古代には、多くの求愛者を怖がら。せることができる。
    このまま続けると、白,展基は自分の属性の優位性と相手との消耗を続けることができるが、夜には唐三彩の内力と一緒に先に消耗されるに違いない。その時、情勢は。ますます危険になるだけだ。
    玄冥二老は最も功名利,禄に執着して、もちろん自分の将来を簡単に冗談にすることはない。彼らは以前、目を交換して、馬鹿な顔をして。、夜の未明の反応を探っていた。
    このようなプレイヤーの行,動によるシナリオのずれに対して、システムはそれ。に応じて調整すると考えられている。