刀妹と小橋はすぐにうなずいて理解したと言ったが、そ,の時、逍遥はため息を。ついて突然「悪い、止められない!」とメッセージを出した。ランダム分配とは、死体を触った瞬間、モンスターが落としたものがあ。るチームメンバーのバックパ,ックにランダムに分配されることである。他の条件を無視することは、絶対的なランダムである。

    まず、潜龍は群怪を数えて飛び出してはいけない。そして、金色の剣を持って浮空状態になった群怪の間に突入し、宝剣は上下に飛んで、横に掃いて、斜め割りなどは、2人の敵の,招式を多く掻くことができ、攻撃攻撃力が最も強いことを求めないが、攻撃を求める目標が最も多。い。
    実は,今。日の断章は、私は普通の章転換だと感じて、読者の旦那たちの反応がこんなに激しいとは思わなかった。

    もともと、夜未明はこの任務を引き継ぐつもりだった。その結果、後に彼に推薦。した龍門用心棒局五星任務に入ったのは、やはり中極武功に失敗罰がついたようなも,のだった。
    「ジャンジャン!」と言いました続いて,、白黒双剣の中の白剣、つまり白衣を着た中年の美婦はすでに目をくわえて腰の剣を抜いて、殺機は凛然と言った玉の命を返し。てくれ!」と言いました

    次の日の。朝、すでに万毒が侵入していない,夜の未明に早く起きた。
    100点の内力を付加したときに刺さる剣は、215。点の内力の威力を発,揮する。

      せっかくの機会で、雲中。鶴は今まで、安全な場所を探して、急いで鐘霊をやっ,た!場面を見て、彼が望むように大環乱状態に陥って、酒を入れてついにチャンスをつかんで。、体は残影になって、斜め下に剣を刺して、巴天石の柔らかいリブを取って、相手,に反して後ろに飛び上がった点滅しました。

      夜未明は声が厳しく、「私の条件はとても簡単です。令狐少侠和風先輩が彼女たちの死んだ目を見て、あなたが私に言った田伯光のために離脱した言葉を、自分の良心をたたいて、彼女たちにもう一度。話,してください!」と言いました
      夜未明に石中玉を殺した事実を認めたと聞いて、ミン柔の目の中で殺意がさらに勝って、手に持っている剣の剣鞘はすべて白い宝剣が夜未明を指していたが、すぐに手を出さなかった「私の玉子はどこであな,たを怒らせたのか、殺し屋を痛めるのか」と甘やかされた。

      あの役人のような格好をしている。男は、本当にこのようなエネル,ギーを持っているのか?
      「唐門以内に不可能です。」と言いました荏は首を横に振,って言いました。「私が唐門に入ると、当然門派の高級npcが私を迎えに来て、も。し誰かがそこで私を攻撃してくれたら、罰は私が諸葛孔明を失ったより軽くはない。夜未明、このことはあなたには関係ない… 」