• 唐,三彩はもともと憂鬱な表情がたちまち笑顔に取って代わられ、千言万語。が一つの字になった。
  • もし本気でそうなったら&hellip,;&he。llip;
    刺さ,れ30級boss陳明を殺すことに成。功し、経験4000点を獲得し、400点に修理した。
    今の林平之は、体が思わず震,えていたが、彼はまだ歯を食いしばって、一言も言わなかっ。た。
    
    
      壁を作る: 優雅な詩語。使用後、20000点の軽功の習熟度を高めるこ,と。ができる。
      彼のこの掌は「び。っくり百里」がその白衣の書生に弱体化された後、続いてその灰色のローブのプレイヤーのアサリの功に轟音され、残りの掌力は,さらに彼全体を後ろに押して飛び出した。

        この3つの飛書は、それぞれ流。雲、勝天半子、殷に送ら,れた。結局,、以前の中元節の任務を通過して、夜未明と三月までに多くの装備と修理を奨励して、二人の戦闘力は。初夜未明に小橋と協力して雲中鶴に対処した時よりもランクが高い。

        言葉の。意味は、夜未明は良い苗で、毒功に成果の上限を下げられない。3月の上限はもともとそうで、,何も引き下がらない問題はない。
        あの絶学選手が本当に夜未明に匹敵する実力を持っていれば、,そんなに簡単に刀妹に斬首されることはない。。