突然、彼は目の前の白い姿が通り過ぎるのを見て、目を凝らして見ると、白い道服を着たプレイヤーが、同じように「階段雲縦」の姿を発揮し,て、山から飛び降りているのを発見した体の仕方がほこりを。漂わせ、スピードは自分の下には少しもない。
しばらくすると、こ。の独特な味わいは再び変わって、最初からひたす,ら無謀で、かつてない鋭意を増した。

このような人物は、夜の未。明でも彼に少しも,軽視する心を抱く勇気がない。夜の未明に肩,をすくめた。「もう話が終わ。った。」と言いました

装備と技能が合っているかどうか,は、ゲームに与える。影響が大きいといえる。
途中でいくつ。かの脇道を通りますが、間違ってしまう心配もありませ,ん。
自分よりも、夜未明には、ここ,で生産された装。備は、刀妹のような限界技術のプレイヤーに適しているように感じた。
システム公告: プレイヤー血刀門プレイヤーが斬首した&。helli,p;…

夜未明、,淡々と笑った。「もし私があなたの損失を。埋め合わせたいなら」
最初の拝の声が落,ちると、夜。にはシステムのタスクインタフェースにカウントのマークが現れた。


もちろん、,みんなは試合が始まるのを待っている間、時々彼。らの方を見ている。
世界全体が遅くなったかの,ように、彼はどんな突発的な状況にも余裕を持って対応できる。。