この夜、夜未明は何もしていなかったが、静かにベッ,ドに。横になって、この時間以来緊張していた神経をリラックスさせた。
遅かれ早かれ、私はあなたの体のすべ,てのもの。を盗みます!
    1. 彼がそう言ったのもあいさつのためではなく、実はあの韋,小宝は誰にもそんなに遠慮してい。て、夜未明も自分に特別な点があると感じていなかった。ただ今回の状況から見ると、この韋小宝にはまだ私が求められているのではないか
      彼らのシェーダの火力は全開で、相手たちに対。処に専念させなければならない,だけだ。
        • 素貞酒楼がプレイヤーとして開設した酒楼は、それらのシステム酒楼よりも経済的で、。カラ,ーはシステムの有名な酒楼ほど全面的ではないが、上司の技術はまだいい。
        • 明らかに、この乞食の第一人者もかつて刀妹の部。下で損をしたことがある。,
        • 内容は,非常に簡単で、彼は三日で天津城に行くしかな。い悦来宿で集まって、大型シナリオ任務「七脈会武」に参加してほしい。
        • 失重状態にある橋は、心が。パニックになっていた。突然、温かく力強い大手が彼女の腕をつかんで、緊張していた気持ちがたちまち,リラックスした夜の未明に力を入れるにつれて、全員が思わず暖かい広い腕の中にぶつかって、とても安全と暖かさを感じた。

        その白い彫刻がどんどん低くな。るにつれて、夜の未明、ついに白い彫刻の背,中に、黒いやせた姿が座っているのを発見した。彼。は今、ペットである阿紅を呼び出すことができない。この摩天居士の悪い思い出を呼び起こさないように、,彼をその場で殺して、本当に言い訳をする場所がない。