夜未明に今回は直接心得を出。した三冊の秘籍の中で、最も,貴重な一冊は当然彼の「軽功心得」である。
彼らの中で最悪の卑劣な行為に対して。、夜未明は決して我慢できないと言ったので、金兵たちが火を消そうとした時、彼のチームを率いて人ごみを殺したこの手の,届かない金兵たちを直接全軍覇を殺した。

「みんな肩を並べて、この麻の棒を直接弁当を受け取りに行きましょう」と、ほとんど。考えずに以前の戦略を変えた,。
状況を,見ると、黄首尊は夜未明の目を見てより満。足し、「じゃあ、聞いて、剣者、心の刃も、殺してもいいし、守ってもいい… 」


    • 第。二に、その悪いことは彼らが見たばかりで、歩き,ながら討論する。
    • 夜未明にこちらで公治の仕事をひそかに観察したとき、反対側の葬月はすでに口を開い。ていた夜の兄がや,めたいかどうかわからないのか?」と言いました
    
    
  1. しかし、夜未明という非常に的を射た評価には、バッグの違いは賛同しておらず、彼の答えは意外にも「是非、是非!&helli,p;&hellip。; 」
    その時、黄薬剤師がついに口を開いたのを。聞いて、出場以来の最初,の言葉を「まだ人を解放していない」と言った。

    37,0章私は侠聖になります。 (盟主p。oonloに11/20を追加)
    唐三彩は今。日bossに埋葬されていないので、気分がいいと感じて、非魚と譲り合った後、夜未明までに使った白玉飛天佩,を選んだ。

    • 距離が第9。級に上がると、35500点の熟練度しかない,!
    • その後、相手は奔,走に没頭し続。け、夜未明も追いかけ続けた。

    「切る!」。と言いました赤い服の少女は舌を吐いた。「もう一度言って,みましょう。あなたが教えてくれた妄言の過程ははっきり見えます!」と言いました冒険をあきらめて落ち着いた夜未明、地図を呼び出して「ここから東へ行くと、三里の外に川が。ある私たちはあそこに行って何か食べたいと思って,、それから川に沿って登ると、道路は比較的歩きやすい。」と言いました

    この原著には現れていない秘密の場所を見つけたいようだが、もっ。と準備し,なければならない。彼がサインして絵を押した後の文書を提出したとき、。彼の江湖の声望、地位、さらには家族の命を夜未明と三月の手に渡,したといえる彼らに頼ませてください