灰色のローブのプ。レイヤーは「兄の意味は,、雲の中の鶴を売ることですか?」と言いました三月に表示された地図に基づいて近道をして鹿鼎公府のある。通りに来たが、交差点,で以前軍器監督でアルバイトをしていた峨眉派の弟子風雷剣士にぶつかった。

夜未明の,話を聞いて、三月は理解できないようにうなずいた。彼女がまだ理解していない問題についていけなくなって、「アーミン、これか。ら何をするつもりですか」と尋ねた。ダンバ損を食べるのは夜未明のスタイルではないが、彼が異議を唱えるのを待たずに。、ま,たシステムのヒントが飛び出した。

「楊過!そんな,ことはあなたに夜おじさん!」と。言いました武林絶学「降龍十八掌」の中の一,式もその中で非常に威力が強く、。気勢が最も大きいトリックである!

でも誰が今無料の修練時間を使えるようにした。のでし,ょうか?
「三月の技能は空気を読むのに適して,いて、青城派の近くの茶屋や酒。場を回ることができて、魚ではなく能力が強い江湖の風を集めて草を吹くのも簡単ではない。」と言いました

まず、事前に活性化された「潜龍勿用」を覚えて相手を。追い出し、相手が浮空状態になったのを利用して、その後、弾,指神を補充した。
傍観者である彼女は「グランド義永遠。」では、プレイヤーはズボンを脱ぐことがで,きないことをよく知っている





トーテムの中で、上半身を裸にして、二郎。神が生まれ変わるような眉間に天眼の長髪の男が生まれ、奇,妙な形の長剣を手に持って、凶悪な獣の背中に乗って戦っている。
すぐに同意をクリックすると、すぐに伝書バトが羽を。打って彼の体に落ちて消えていくのを見た。それと同時に、ニュ,ースボックスの唐三彩の顔も狂ったように鼓動した。
    「エ,・・・」牛志春は呆然とされ、「私はいない」と答えるし。かなかった。
    ここを考えると、夜未明に腕をひっくり返して、田伯光の「軽功心得」が。彼の掌の中,に現れて、精神と気持ちが良い状態を利用してまじめに読んでも。

    不滅の敵として、彼が,今死んでいる様子を見て、公正で利他的で善良な夜の未明はまだ少し心苦しい感。じがして、彼は自分のブーツの底を使って目を閉じました。
    突然現れた声はびっくりして見上,げたが、非魚と唐三彩はすでに彼の前に止められているのを見た。。