しかし,、彼のこの何気な。い行動は、3月の心の底で彼に対する印象を再び高くした。心が堂々としていて、豪快で気前がいいなどの言葉はすべて夜未明に積まれている。
古墳の時、この血烏王。は夜未明に,呼ばれて楊過一掌を止め、忠誠心が10時に下がった。しかし、この数日の飼育を経て、特に趙王府の任務の後、夜未明の料理技術の向上に伴い、「ペット飼育法」の付加があって、忠誠心がさらに速くなった今では59時過ぎになったので、反逆の問題は全く考慮しなくてもいい。


  • 水を飲んだ,後、少しお腹が空いた。ので、阿種が自分で調理した焼肉を取り出し、口を開けると食べたいと思ったが、口に着いて躊躇した。
    目の前のこの女性の姿は、彼の記憶の。中のその姿よ,りも若くても、彼は自分が絶対に過ちを認めないと信じている。

    疑問が解答さ,れ、刀妹も任務のことを気にしなくなった。以前は品物が。分配されていた時、彼女も確かにその「黒玉断続ペースト」を気に入っていたが、品物は夜未明にみんなが認めた分配ルールで手に入れたこれについて彼女は何も言うことができない。夜未明、この二人は最初に御蜂が自分を攻撃しようとした。ことを静かに覚えて、その後、飛び出してジョーとけんか,をした二人の妹がいて、その後、鼻を見て、鼻を見て、老僧が入定した様子をして、一言も言わなかった。

    • 三月に,うなずいて、何気なく「彼の顔と服装、何。か違うところはありますか」と尋ねた。
    • と言って、また2本目の指を伸ばした。。「もう一つの可能性は、今の李莫愁はまだ完全に成長していない」,
  • 
    

    彼のこ。のほぼはっきりした道は、単純な三月でさえ見えなくなった。「この男は明らかに自分が矢面になりたくないので、わざとトークンを奪うことができない。そして、この方法で一つ一つの蚕食相手,。」と言いました夜未明、彼に向かってまばたきをしたと聞いて、黄蓉に向かって「黄娘、郭少侠は梁子翁が二十年のマムシの蛇の血を飲んだばかりで、今は力が大きくなっているしかし、彼はまだこの力をうまくコントロールできない。彼に穆お,じさんたちを連れて行かせていたのに、私はまだ安心できない。今はあなたの助けがあるのに、私は安心しなければならな。い。」と言いました