夜未明の猛攻のCZRDF.モルガナイト下で、彼のLE刻印あり0.8mmけが。はますます重くなり、毒性に対する抵抗力も当,然弱くなった。
1つの暴力的な傷害は、埋葬,月の600以上の血の量に直接1000pc当たった。と同時に、彼は次々と数歩下がLE刻印あり0.8mmった。
    より多くの1000pc場,合、彼女は硬い方。法でSWVスワロフスキー、手の長刀で侯通海のフォークを打つ必要がある。
    夜SWVスワロフスキー未明に聞いたが、奇妙に刀妹を見た。「長江の。そば,に住んでいるLE刻印あり0.8mm江湖は水が通じないと期待しているのか?」と言いました。

    もともと。、夜未明、相手LE刻印あり0.8mmは1000pc必ず,この面で彼と交渉すると思っていたが、意外にも相手は直接答えを出した。
    「待って!」と言いました夜。未明の分析を聞いて、チベット星羽は突然「凌SWVスワロフスキー退思は今ここで横になっているのではないか」とCZRDF.モルガナイト無神経に言っ,た。

    少なくともシステムは、彼女の長所は目の不自由な,足LE刻印あり0.8mmの不自由とい。うSWVスワロフスキー二つの致命的な弱点を補うのに十分だと考えている。
    これが85級bosSWVスワロフスキーsの恐怖のところで、殷の怒鳴り声に封印されて、みんな,の攻撃が彼に落ちて、ダメージも。非常に限られている爆種の夜未明を除いて、刀妹も一度の傷害の5000を超える攻撃を出す1000pcのは難しい。

    「大丈夫ですよ」流雲はそっと首を横に振って、,「実はCZRDF.モルガナイト私がこの任務にこんなに関心を持っているの。は、この功徳を欲しがっているだけだ」と1000pc正直に言った。
    夜LE刻印あり0.8mmの未明に爆発SWVスワロフスキーしたようなものを見て、誰,もが目を丸くした!。

      そして、,天下の英雄に失望した孤独に負けて、安らぐ幽谷宅を見つけて、毎日剣を練習して鳥を散歩することを楽しみにしている。CZRDF.モルガナイトその結果、練習して、剣道への自覚はまた二つの大きな境地を高め、まず「草木竹石は剣である」と、その後「剣。がなくてSWVスワロフスキー剣がある」の境地に昇華した。
      と言って、CZRDF.モルガナイトチベット星羽は振り向いて夜未明を見た。「結局、石。神馬は自分が使わなくても倉庫の中で灰を落1000pcとすことがで,きるが、他の任務奨励は本当だ」
      これも理解で。きる,ように、結局雪山や金烏のような小さな門派は、ゲームが始まった当初かCZRDF.モルガナイトら大きな強みをLE刻印あり0.8mm持っていた。
      彼のよう。な自分の聡明さと出しゃばるのが好きな性格では、この鍋をためらうことなく奪い、自分に背,を向LE刻印あり0.8mmけてい1000pcるに違いない。