今、夜未明に積極的に招待されたのを聞いても、もう深いふりをしなくなって、夜未明の向こうに来て膝を組んで座った。食べ物を食べるア。ンドロメダも彼の様子を学んで、石,の反対側に座って、二人の男性プレイヤーと三足が立っている勢いで、静かに夜の未明の分析を見る準備をしている。
体魂 + 100、腕力 +, 1。00、身法 + 100、反応 + 100、資質 + 10、理解力 + 5

    手が届か,ない夜の未明に殴られたのは、。手を上げるだけで、この突然の恐怖の掌を迎えた。「方法は実はと,っくに考えていたが、私の計画の中で、あなたたち二人。は犠牲を払うかもしれない」

    段延慶は今、多少葛,藤していて、段誉で段正明兄弟に報復するのは、もともと彼が長年の行。動を計画していたが、「観音菩萨」が彼を解放したいなら……も,ともと曲霊風の掌法は厳しいが、武器に加えら。れた転圧傷害は、彼の杖にはるかに及ばない。

    • そして、その呉さんはこのように横,に立って、一言も言わなかった。。
    • 大勢の人の中には、埋葬月チームを含めて2つの固定チームがあるが、彼らは他の人の重点打撃の目標とな。っており、協力によって自保するほかそれ以上の優位性を示すことはでき,なかった。
    この青竹杖の属性を見。た後、夜の未明は思わず自,嘲した。
    しかし、彼がゆっくりと前のステップを越えているのを見て、,ちょうど魔化鳳天南の前の三尺のところに来て、左手に淡々と書かれた掌が相手の小。腹の上に押されて、龍形の勢いが一瞬暴発した相手の高さ2メートルの体をすっかり飲み込む。

    「その七七七がい。つ店に現れるか確認できますか?自分で彼に会,いに行きたい!】 -- 夜未明結局林志佩も馬鹿ではなく、夜未明に彼らの取引操作は彼。のまぶたの,下で完成した。具体的な詳細は知らないが、この中に猫パテがいると推測できるに違いない。