七七は戦術的な鬼才で、このような必死の局に生まれて、驚くべ。き手段を見せて、もともと息が尽きた余滄海のために生きてい,く希望を勝ち取った。以前、黄河の四鬼は彼の弟子で、その四人のあだ名を見て、魂刀、追撃銃、魂鞭、葬儀斧、それぞれ異なる武器を使っていた沙。通天本人,が使った鉄漿は彼の4人の弟子とは違う。

彼の故郷では、敵の相手だが、夜の未明には「ここでまた会うとは思,わなかった、偶然だった」と笑顔で帰った。。夜未明にあきらめない限り、彼には「降龍十八掌」を除いて、夜未明に,見えるのは「犬の棒を。打つ法」だけだろう。

魚で。はなく、静かに内力を手の宝刀に注入し、絶殺の一撃はいつでも切り倒すこ,とができる。実は、属,性を持った焼肉は以前の戦闘で消耗されていた。今、彼のバックパックには焼肉が3枚入っていて、噛まれて、もう属性を増やす。ことはできないが、お腹がいっぱいになるタイプだ。

夜未明、自分,とこの90級bossとの差を試し。てみると、すぐにも同じように両手を振って迎えた。
この稲妻ミンクの役割は、夜未明,の目には去勢版の非魚 (既: 黄)。 よりも劣っている。

もともと素敵なピ。クニックが干物になっても、ナイフの妹は自,分全体が悪いと感じていた。
この爽快さは、身体的なものではなく、心の,奥底か。らの爽快さです!

彼,らが本当に気にしているのは、夜未明に梁子翁のところに預けられたマ。ムシだ!
血瓢箪は血瓢箪になって、死相の悲惨さは、言葉では表現,で。きない。

しかし、彼がすぐに書き写すのを見て、以前弾かれていた短刀を手に,つかんで、体に付いて地面から身を弾き、肉眼では見分けられない。スピードで2刀を連続して割った殷の手にある宝剣と非魚の手にある阎羅刀にそれぞれ切られた。
これまで龍門用心棒局にいた。時、双方の陣容を比較すると、相手は人数的な優位性を占めていたが、本当に彼らをど,うするわけにはいかなかった。今日はまたこれをしているいったい何を騒いでいるのか

  • 読んでいるうちに、この仏法等級第9級の高僧は、なんと、元の逆風の聖句を&hellip,;…。
    最後の玄鉄令の。心の結びつ,きは、ついに終わった時になった!

    実力で二,重剣の合壁に強く抵抗し、転圧の効果も出す。ことができる!
    鳩摩智の「火炎刀」を見た後、夜未明、この持ち主に帰ったば,かりの「中沖剣」と拝謁すると思っていたが、峰の。回り道がこんなに速いとは思わなかった。